Apple Watch(初代)などいろいろ売却

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 7とApple Watch Series 1/2の予約が始まった今日このごろですが、手持ちのガジェット類をいろいろ売却しました。

まずは期待はずれの筆頭、Apple Watch 第一世代(42mmケース、Sportのブラック)
予約して発売直後に買いましたが、結局便利だと思ったのは「通知を見逃さない」という点だけ。
あってもなくてもいいので、付けて行かない日も多くなり、最後は放置状態でした。

※ジョギングの時には距離や時間、平均速度などがすぐわかったのでけっこう重宝していました。
新WatchはNike+としてワークアウトする人向けに売り出すようなので、それは正しい選択ですね。

期待されたApple Payですが、日本ではSeries2でしか使用できないので、完全に無用になりました。
ミラネーゼループも一緒に買ったのですが、当然売却です。

いまのところ、Suicaを腕時計につけて便利なのかどうかわからないのでSeries2の購入予定はありませんが、もし買うとしたら38mmケースの一番軽いやつにすると思います。(42mmは大きいし、ミラネーゼループは重かった)

そして、mineoを入れて使っていたau arrows FLJ22も売却。モバイルSuicaが使えて便利だったのですが、PASMOで定期券を買うようになってからは全く使っていませんでした。私鉄のみの人はモバイルSuicaに定期券を入れることができないので、PASMO定期券と鉄道事業者のクレジットカードを契約してオートチャージにして、Sinji Poachでスマホにくっつけるのが一番便利です。

また、PCDJに使っていたVestaxのVCI-100も売却。やたら作りが本格的で重くて、感触は素晴らしいのですが、10月にクラウドファンディングで購入したGO-DJ Plusが来る予定なので不要になりました。

そしてAmazonのfireTV stickも売却。プライムのセールで1980円で買ったので、黒字になりました。
プライム会員が気軽にPrimeビデオを見るのには適していると思いますが、PCはもちろん、iPadやPS3/4にもPrimeビデオのクライアントアプリが入っているので、stickは出番がありませんでした。

ということで、どんどん身の回りのモノは少なくしていきたいと思います。
(まだNexus 5とかWindowsタブレットとか残ってるので・・)
新しいガジェットには飛びつきたくなっちゃいますが、これからハードウエアは単なるクラウドの窓口にどんどんなっていくので、最新のハードウエアを買うよりも、広い意味でのいいソフトウエア(本やゲームや勉強なども含む)を充実させることを主軸にしていこうと思います。(まあでもiPhone 5sはつらいのでそのうち7買うだろうな・・)

今後の行動指針は「モノよりクラウド」ですね(キリッ)

具体的には・・

・紙の本はなるべく買わない / Kindle Unlimitedとかにする
・CDやブルーレイも買わず、ダウンロード販売にする
・ゲームも新作はダウンロード販売
・PCやスマホ・タブレットはそれなりにいいものを2年単位くらいで購入/売却する(同じカテゴリのものを複数台持たない)

ということで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store