メモ:Provisioning Profileの指定場所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、MacBook Air 13からMacBook Pro 13 Retinaに乗り換えたわけですが、Xcodeのプロジェクトを新しいマシンで開いて、Provisioning Profileも取り直して、さて実機で動かそうと思ったら、

Code Sign error:
No matching provisioning profile found:
Your build settings specify a provisioning profile with the UUID “XXXXX”,
however, no such provisioning profile was found.

どうやら前に使っていたProfileを探しに行こうとして失敗しているようですね。

うーん、と思って、Code Signin IdentityもProvisioning Profileの指定も見なおしたんですが、ちゃんと新たに取得したProfileになってる。以前も同じようなことがあって、その時にも悩んだのでメモ。

Provisioning Profileは、指定箇所がPROJECTとTARGETSの2箇所あります。

Xcode 5になってから、◀をクリックしないと開かないので余計にわかりにくいですね。TRAGETの方もProvisioning Profileを指定して、無事に実機デバッグできました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store