Xcode/ARKitで3Dモデルを読込み&表示

ARKitアプリを作る際には、Unityで作成すればfbxやobjといった3Dモデルを簡単にインポートして表示できます。
しかし、XcodeとSwiftでネイティブで作成しているアプリの一部分でだけ3Dモデルを使用したい、という要件があったので調査してみました。

調査する、とは言うものの、そのものズバリの投稿がQiitaにありました(すごい)

やりたいこと: - 各種モデリングソフトからエクスポートされた3Dモデルを、SceneKit (on iOS)で使いたい - モデルに紐づくアニメーションとかボーン(Rigged Models)とかもそのまま使いたい ちなみになぜ...

ということで、Xcodeで使用するにはCollada(拡張子.dae)一択のようです。
[引用]

let url = Bundle.main.url(forResource: filename, withExtension: "dae")!
let modelScene: SCNScene
do {
    modelScene = try SCNScene(url: url, options: nil)
} catch {
    fatalError()
}

このように、シーン内でdaeを直接使用するのではなく、daeからSCNSceneオブジェクトを作成して使用します。

また、daeからSCNSceneファイル(拡張子.scn)をXcode内で予め作成しておく方法もあります。

daeファイルをプロジェクト内にインポートしてファイルを選択すると、dae内のノードがツリー状に表示されます。ノードを選択して、Editメニューの Convert Scenekit scene file format(.scn)… を選択します。

これでscnファイルが生成されます。

このとき、scnファイルを生成しているのは、scntoolという実行ファイルになります、
予め大量のdaeからscnを生成したい時などは、下記のようにコマンドラインで呼び出すこともできるそうです。

Is there a way to batch convert Collada dae files to Scenekit scn files? My project uses approx 50 models created in sketchup that are updated regularly, these...

生成したscnファイルを選択してインスペクタを切り替えると、位置・回転・スケールなどを編集できます。Unityのインスペクタっぽくってちょっと安心しますね(笑)

そして、scnファイルをARKitのシーンで表示するサンプルもありました(感謝)

#平面にオブジェクトを配置する こんな感じのです !(

[引用]

let scene = SCNScene(named: "Models.scnassets/\(selectedItem).scn")

作成したscnファイルをxx.scnassetsフォルダから読み込んでいますが、ここにも重要な意味があります。

xcassets はプロジェクトの画像などのアセットを管理し最適化を行なっているが、 scnassets は SceneKit のファイルの管理をするフォルダ。 .scnassets にファイルを配置するとビルド時に内容を最適化してくれる。 主な最適化は2つ。 scnassets フォルダを選択する以下の項目が出る。 ...

・オブジェクトファイルの座標を Y 軸を上方向に変換する
・画像ファイルを各デバイスの GPU に最適化されたものに変換する

また、xx.scnassetsフォルダの作り方ですが、Xcode上で「New Group」を選択してもうまくいきません。うまくいっていないときには、フォルダが黄色になります。

青いフォルダになっていれば正解です。

これは、Xcodeで「グループ」として認識されていて、「フォルダ参照」として認識されていない状態です。「フォルダ参照」として認識させるには、一旦XcodeでDelete→Remove Referencesを行って参照のみ消して、改めてFinderからフォルダをプロジェクトにドラッグ&ドロップします。

このとき「Create folder references」を選択してください。

上記で引用させてもらったコードから少し変更して実機で動かすことができました。
・scnファイルからノードを名前で取り出すところを簡素化してハードコード
・iPhone 6sだと遅いので、平面認識した部分でなく、推定平面に対してHitTest(estimatedHorizontalPlane)

ソースコードはGitHubにアップしました。

ARKitNative - ARKit with Collada file
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク