StoryBoardでの画面間の値の受け渡し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、iPhoneアプリ作成のとっかかりというエントリで、画面間の値の受け渡しのことを書きました。

受け渡す相手(子)をインスタンス化して、プロパティに値を設定してしまう、という方法です。

MyViewController *myViewCon = [[MyViewController alloc] initWithNibName:@"MyViewController" bundle:nil];
myViewCon.hogehoge = @"value";

あれからだいぶ経って、上記のようにxibをコードでインスタンス化する方法から、StoryBoardを使ってFrameworkで画面遷移を作るのが主流になっています。最近iOSの勉強をサボっていて、追いつくのが大変なのですが。。

StoryBoardを使った場合、上記のコードはだいぶ違ったものになってきます。
まず、画面遷移はsegueで作成して、segueに名前をつけておきます。(segueは複数個作れるので)
単なる画面遷移ならコードを書かなくてもいいのですが、値の受け渡しの際には、子のViewControllerをインスタンス化するコードを、次のように書きます。

-(void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender
{
    if ( [[segue identifier] isEqualToString:@"MySegue"] ) {
        ChildViewController *cvc = [segue destinationViewController];
        cvc.value = self.value;
        // 子から親への参照用
        cvc.delegate = self;
    }
}

prepareForSegueというメソッドがポイントですね。この中で、子のインスタンスに値を渡すことができます。

さて、子から親へ受け渡しするのはちょっと面倒で、delegateを使用します。
上記メソッド内で、子のdelegateを親、という設定をしました。
そして、子から親のメソッドを呼び出すことによって、値を受け渡すわけです。

delegateの設定自体はデリゲートを自作クラスに実装するでわかりやすく解説されています。

問題は、親のメソッドを呼び出すタイミングです。親から子を呼び出す際には、prepareForSegueメソッドに書けばよかったですが、子から親へ遷移する場合は、画面間でのデータの受け渡しに付いてを参考にさせてもらうと、viewWillDisappear時に行います。

-(void)viewWillDisappear:(BOOL)animated
{
    [super viewWillDisappear:animated];
    [self.delegate getValueMethod:value];
}

iOSはバージョンが上がるたびに作法がどんどん変わるので、常にウオッチしておかないとついていけなくなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store