ドイツ語勉強再開(現在完了形あたり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年明けくらいに再開してまた中断していたドイツ語の勉強、いよいよ独検2級の試験が来月になったので、また再開しました。今回は様子見ということで、まったく合格する気がしないのですが、せめて直前1カ月は勉強しなきゃ、ということで重い腰を上げました。3級を取ってから数年経過しているので、基本中の基本から再勉強です。

以前買って全く使っていなかった、ドイツ語練習問題3000題を引っ張り出してきて勉強開始です。

ひとまず、動詞の三基本形や現在完了形あたりから勉強を開始しました。
ちょこっとやり始めた感想は、予想通り「やばい 完全に忘れている!!」でした。

三基本形
・sein/haben/werdernの変化
・規則動詞の変化(弱変化)-en -te ge-t
・不規則動詞の変化(強変化)- en – ge-en
・分離動詞/非分離動詞の変化

現在完了形
・haben支配とsein支配
・話法の助動詞・知覚動詞の完了形

ちょっとやり始めただけでもこれだけのことを覚えないといけないという・・
やっぱり1カ月でどうにかしようとするのは無理があります。

例文
・Ich bin ins Kino gegangen.
gehen – ging – gegangen は覚えないと・・
そして自動詞で移動を伴うのでsein支配

・Er hat seinen Freuind eingeladen.
einladenの変化ですが、後ろがladen – lud – geladen の強変化ですね・・
そして分離動詞なのでeinの後に書くと

・Eine innige Freundschaft ist entstanden.
entstehenも同じく、後ろがstehen – stand – gestandenの強変化なのですが、
非分離動詞なのでgeを省いてentstandenとなる、という・・
こんなの覚えられるかボケ、と言いたくなりますが、非分離動詞の前つづりは限られているので、覚えろということなんでしょうね(be,emp,ent,er,ge,ver,zer)

・Er hat seine Familie ernahen mussen.
助動詞はhaben支配で、完了形は不定形と同じという、珍しくシンプルなルールです。

・Ich weiss, dass er das Buch ubersetzt hat.
副文では、sein/habenが本動詞なので最後に来るのはわかります

・Glaubst du,dass er seine Familie hat ernahren mussen?
しかし!助動詞の完了形を副文にした時には、habenは動詞群の前に来るという
助動詞の完了形はシンプルだと言ったな。あれは嘘だ。

ドイツ語、罠多すぎないですかね・・

せっかくなので助動詞をもう少し勉強
三基本形は、
wollen – wollte – gewollt
みたいな感じで似ているが、使役のlassenはちょっと違う
lassen – liess – gelassen

助動詞として使う場合の完了形は、haben支配+不定形だったが、本動詞として使う場合は、ge-の形になるので要注意。ほら、やっぱり一筋縄ではいかないですね。

・助動詞
Er hat die Kinder im Garten spielen lassen.「~させる」
・本動詞
Er hat seinen kleinen Sohn allein in der Wohnung gelassen.「置いていく」

また、知覚の助動詞も同じ理屈になります
Ich sehe Anna und Klaus tanzen. (踊っているのを見る)の完了形

Ich habe Anna und Klaus tanzen sehen.

これが本動詞で使われるときの完了形は
Ich sehe den Tanz.

Ich habe den Tanz gesehen.
と、普通の変化になるわけですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store