VMWare FusionでOffice 2013が遅いのを解消する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacでVMWare Fusionに入れたOffice 2013が遅くて使い物にならなかったのですが、その解決方法がわかったのでメモです。

VMWare Fusion 6にWindows7を入れて、Office 2013をインストールしてみたら、Excelで一行入力する度に数秒待たされて、挙句の果てには応答なしになってしまうという現象が出て困っていました。仕方がないのでOffice 2010にバージョンダウンして使っていたのですが、Office 365に移行するのでやっぱり最新版の2013を動かさないと、ということで調べていたら、解決方法がありました。危うくVMWareを見捨ててParallelsに移行するところでした(Parallelsに移行したからといって直る保証は無かったのですが)

解消方法は、ファイル->オプション->詳細設定の、「ハードウエアグラフィックアクセラレータを無効にする」をONにするだけです。

Windows_7_x64

これでサクサク動きますし、気持ち悪いふわっとメニューが出てくるような動きも無くなるので、かなり使いやすくなります。
これ、VMじゃなくて普通のPCで動かすときもこの設定のほうが使いやすそうだなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store