iPhoneからAndroidに乗り換えた感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 3Gの発売日からiPhoneをずーっと使ってきましたが、先日、ついにAndroidに乗り換えました。
といっても、SIMフリーの時代なので、使ってみてダメだったらSIMを戻すだけ、という手軽さです。

乗り換えた訳は、まずiPhoneが高価なこと。少し前までiPhone 6を使っていたのですが、3万円程度でどんどんSIMフリーのAndroid機が出てくる中で、最低でも10万円クラスの6sに、果たしてそれだけの価値があるのか、と考えてしまいました。(それでもキャリアの毎月割とか月月割とかでそんな高価なものを高価と思わせずにみんなポンポン買っちゃうんだから、割賦の仕組みを作ったソフトバンクはやっぱりすごいな。もう僕はキャリアからは買わないですけどね)

で、購入したのはNexus 5の中古品。ヤフオクで2万円ちょっとで買いました。iPhone 5sと同時期の機種なのに、使い勝手はiPhone 6と同等でした。何と言ってもGoogle謹製だけあって、最新のAndroid 6がサクサク動きます。ただ、バッテリーはぜんぜん持たないですね。Wi-Fi経由で常に位置情報を取得しようとするバグがあり、設定変更してだいぶマシになったのですが、それでも丸1日は厳しいです。

では、Androidにしてよかったところなどを

・音声認識でのGoogle検索が使いやすい
音声認識の目的として、Google検索をすることが多いと思います。
Siriの場合、「ホームボタンを長押し」⇒「Siriが起動して聞き取りモード」⇒「○○を検索」と話す⇒Siriが「Webで○○を検索しています」とやりとりが長く、認識された音声が間違っていたら言い直し、になりますが、Androidの場合だと、ホーム画面の検索ボックスのマイクをタップ⇒○○(検索したい言葉)⇒検索結果、と、あっという間です。誤認識している場合でも、検索ボックスに文字が入っているので、キーボードで直すのも楽です。これで、検索の時に文字を入力することがほとんどなくなりました。そしてSiriがまどろっこしいのもよくわかりました。

ただし、Google検索以外の、例えば「○○をリマインダに追加」などのスマホ自体の機能を使う場合は、Siriのほうが頭がいいです。Androidでカレンダーに音声で新規予定を追加しようとしたのですが、文字で入れたほうが早かった・・

・テザリングのON/OFFがすぐできる
iPhoneにもAndroidにも、各種機能にすぐアクセスできる「コントロールセンター」がありますが、iPhoneにはいつまで経ってもテザリングのON/OFFボタンが追加されません。相当利用頻度が高い機能のはずなのに何故でしょう?また、電池マークをタップすると、電池残量の推移や消費電力の激しいアプリなどがすぐ見れて、これも重宝します。

・アプリアイコンの配置
これはまあ今に始まったことではないのですが、iPhoneのアプリアイコンの並べにくさはちょっとあり得ないと思います。別の画面に移動させるためにずーっとドラッグしていないといけなかったり、アイコンが左上詰めで並ぶので自由に並べられなかったりと、iOS 9でも全く変わらず。Anddroidは言うまでもなくホームアプリ自体を変更できるので、かなりどうにでもなります。

しかし、Androidはアプリにバッジ(未読件数など)をつける機能がないんでしょうかね?この部分はiPhoneの方がはるかに使いやすいです。

・Google Now
前のバージョンでは、余計な機能だと思っていたんですが、Android 6のGoogle Nowは相当使いやすいです。
たとえば、Twitterを見ている時に調べたいキーワードが出てきたら、ホームボタンを長押しすると、Twitterの画面に重ねて、Google Nowが勝手に単語を解析して、関連するワードを拾ってきたりします。なので、アプリを切り替える必要がありません。アプリが持っている(表示している)情報もGoogleに渡っているということで、どこまでセキュアなのか疑問に思わなくもないですが、便利なのは確かです。

では逆に、iPhoneの方が良かったな、と思う場面

・iMessage
iMessageの仕組みや使い勝手はやはり素晴らしかったなと。電話番号をキーにして、SMSを置き換えるようなちょっと強引な仕組みでしたが、iOS/Mac OS同士のメッセージのやりやすさはやはダントツでした。Googleもハングアウトで追いかけているようですが、やはりアレはGoogle Talkの延長線上にあって、iMessageの域には届きません。
LINEも1機種でしか使えないなど制約が多すぎて、iMessageの代わりにはなりません。iPhoneからAndroidに乗り換える時の最大の障害かもしれませんね。

・Macとの連携
リマインダに追加するときや、iMessageを送るとき、メモを追加するときなど、やはりMac OSのアプリからシームレスにiPhoneのデータとiCloud経由で同期できるのは洗練されていました。
例えばAndroidにもリマインダの代わりになるGoole Keepがあるのですが、Macから入力しようと思ったら、chromeを起動して、Keepを立ち上げて、と、ひと手間かかります。やはりiPhone + Macの連携度は郡を抜いています(Widnows 10 Phoneもこうなるのかもしれませんね)

とまあ、まだ乗り換えて2週間位ですが、ひとまずはAndroidで過ごせそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store