レンズ撮り比べ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室内用にキットレンズより明るいのがあるといいよね、とか言った手前、実際に明るいレンズがどうなのか撮り比べてみました。

まずキットレンズのDT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
暗い室内なのに、まあちゃんと写ってますね・・最近のキットレンズは侮れない。
KIT

そして、DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
明るさは同じですが、Zeissレンズの能力を発揮、といきたいところですが・・
うーん、キットレンズとそんなに差が無いような(汗)
あえて言えばボケ方が自然?
ZEISS

そして明るいレンズということで、ミノルタ 24mm F2.8
キットレンズに比べて、背景のボケ方がだいぶ変わっています。
F24

そして、一番明るい、DT 35mm F1.8
相当背景をボカせるのと、花びらの色が綺麗にでています
F18

しかしぱっと見、キットレンズでもいいんじゃね、みたいな話になると思いますが、花は動かないからいいものの、室内で子供を撮ると動くので、明るいレンズじゃないと、ブレブレになります(明るいレンズは、シャッタースピードを速くすることができるので、ブレにくい)

ということでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store