Xcode8.1で古いiOSプロジェクトを開いた時のエラー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ更新していなかったiOSアプリのプロジェクトを最新のXcode8.1で開いたら、いろいろとエラーになったので解決方法のメモ。

■証明書のエラー

XXX requires a provisioning profile. Select a provisioning profile for the “Debug” build configuration in the project editor.

iOS 10.0用の証明書が必要ということらしい。

プロジェクトファイル>General>Signingの「Automatically manage signing」のチェックボックスをONにするとXcodeがよしなにやってくれる。Release時の証明書はどうなるのかちょっと不安だがリリースの時に考えることにする。

■画像のWarning

CopyPNGFile Not a PNG filCommand emitted errors but did not return a nonzero exit code to indicate failure

拡張子がpngなのに中身がjpegだったりすると出るようです。昔は適当だっだけど厳密になったってことですかね。

■ビルド時のWarning

画像の参照が切れてしまっていたのでいろいろ入替えていたら発生したエラー
Xcode warning: “Multiple build commands for output file”

プロジェクトファイル>General>Build Phases>Copy Bundle Resources に、同じファイルが重複していると発生するそうなので、片方を削除。

さて、一応エラーが出ずに立ち上がったので、xibからStoryboadへの移植と、Objective-CからSwiftへの移植をしてみますか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store