SONY α57購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛用していたSONYの一眼レフα200から、α57に乗り換えました。
α200自体に大きな不満があった訳ではないのですが、α57の最新の機能に惹かれて買って(正確には買ってもらって)しまいました。(ありがとう。。)

α200とα57の違いですが、
・α57は「ミラーレス一眼」(ピント合わせのスピートが早い)
・その代わりに、ファインダーが液晶。これはα200の「実物」から比べるとかなり違和感があります。
・動画が取れる(これはうれしい。運動会にビデオカメラ持っていかなくてもいい)
・液晶ビューファインダー(ファインダーを覗かないで撮るなんてカメラとして邪道!と思ってたんですが、やっぱり便利。)
・チルト液晶(同上)
・いろんなソフトウエア上の違い(ありすぎて把握しきれず)

NEXを買ってα200と併用しようかとか、DSC-RX100を買おうかなど散々迷ったんですが、コンデジを持ってしまうと手軽すぎてそれしか使わなくなりそうだったし、Eマウントにまた投資(といってもAマウントレンズをそんなに持っているわけでもないんですが)するのもどうかと思ったので、αのリプレスという結論に。一眼レフが重いのはもう画質とのトレードオフで仕方が無いので、がんばってNEXよりもいい写真を撮らないと重い意味が無いですねw

ということで、早速撮影に。レンズはSAL35F18です。

早速、たぶんNEXに搭載されてからαに移植された、スイングパノラマ撮影を試してみました。

SAL35F18は35mm換算で52mmの中望遠なので、普通に撮ってしまうとあまり広い範囲は取れないのですが、パノラマ機能を使うとこんなに広く撮れます。まあ、これがやりたいのならNEXなのでしょうが。。デカいαをスイングさせるのはちょっと違和感がありますね。でも便利。

更に、一眼らしからぬピクチャーエフェクト機能。これはトイカメラ風に撮影するモードです。

重たい一眼をわざわざ持ち運んでトイカメラ風かよ!とかなりツッコミたくなる機能ですが、1600万画素を使った贅沢なトイカメラ風写真だけに、不思議な感覚です。まあ、フォトショップで加工する手間が省けている、という感じなのでしょうが。

そして、室内での撮影。

薄暗い照明でしたが綺麗に撮れています。開放だとボケすぎるので、F2.8まで絞って撮影。まあこれもNEXのパンケーキレンズとどっちが綺麗かと言われると難しいところなのですが。。

正直、まだまだ使いこなせていないので、流石αと言われるようにちゃんとした写真をとりたいですね。マニュアル読まねば。ただ、モノとしての「所有感」は抜群にいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store