Unity2019.4LTS + MRTK2.4メモ

Unity2019.4LTSもバージョンが上がって安定してきたのと、案件の都合上MRTK2.4をちゃんと使っていなかったので、この組み合わせで動かしてみました。案の定躓いた部分があったのでメモしておきます。

IL2CPPビルドのみサポート(.NET廃止)

Unity2019から、Scripting Backendが.NETでのビルドはできなくなりました。IL2CPP固定になります。

ARM64ビルドが必要

IL2CPPでプロジェクトを書き出して実機で動かしてみると、アプリ起動直後に実行時エラーが発生。
「UnityPlayer_UAP_arm_master_il2cpp.pdb は読み込まれていません」

意味が分かりにくいエラーですが、これはビルドターゲットを「ARM64」に指定すれば回避できます。UnityのBuild Settingsを変更する必要はなく、Visual Studio上で変更すれば問題ありません。

2Dウインドウになってしまう

ARM64で動作したのですが、今度はアプリがウインドウ表示になってしまい、イマーシブになりません。間違ってXAMLで書き出しちゃったかな?と思ってもちゃんとD3Dで書き出されています。

これは、XR SettingsのVitrual Reality SDKsにWindows Mixed Realityが設定されていないことが原因でした。
MRTK2.4のパッケージをインストール後に、設定のウィザードが出て「Enable Legacy XR」が含まれているので何もしなくていいのかと思ったのですが自動では設定されないようです。(環境によるのかも)

以上、備忘録でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク