Unityゲーム作成で勉強したことメモ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近またUnity(2Dですが)を触り始めたので、その過程で調べたことのメモ。すぐ忘れちゃうので・・

効果音を簡単に作る

BGMはGarageBandで作るとしても、効果音はなかなか作るのが大変なのですが、下記サイトで紹介されていたBFXRがとても良かったです。

# はじめに GWに体調崩してどこにも行けないので、久しぶりにゲーム作ろうと思います。 ただ作るだけだとアレなので、いろいろ挑戦しようと思い、以下の制約を課しました。 1. 使った事無いライブラリを使う事 2. Macで遊べる事 3...
Sound-effects generation for your games in flash.

クリック一発で指定した系統の音をいろいろなパラメータで作ってくれるので、気に入ったのがあればそれを微調整、という形でものすごく簡単に作れます。wavでダウンロードできるのでUnityへの取り込みも一発です。

BGMのトリミング

GarageBandで曲を作ってiTunesに書き出すと、どうも末尾に無音区間ができてしまいます(やり方が悪いのかもしれませんが)。それをUnityでループ再生すると当然うまくループできないので、波形編集ソフトで末尾の無音区間を切り取りました。Audacityで編集したらうまくいきました。

Audacityプロジェクトは、WindowsやMac OS X、Linux、各種BSDで動作するフリーの音声ファイルエディタを開発するプロジェクトです。AudacityはWAVEやAIFF、MP3、oggといったフォーマットの読み書きに対応しており、音声ファイルのトリミングや音量調整、各種エフェクトの適用といった機能...
Tween

Tweenは何かしらアドインを入れるのが一般的だと思いますが、DOTweenはものすごくプログラムしやすかったです。理由としては、素のtransformからそのままDOTween関連のメソッドが呼び出せる(当然MonoDevelopの補完も効く)ので、直感的で間違いも少ない、という点です。

Tween終了後にcallbackを呼び出す、的なことも簡単にできました。

public void jump()
{
	transform.DOJump (
		new Vector3 (0, 0),   // 移動終了地点
		1,                     // ジャンプする力
		3,                     // 移動終了までにジャンプする回数
		1.5f                      // アニメーション時間
	).SetRelative ().SetEase (Ease.Linear).OnComplete (callback);
}

private void callback()
{
	// Tween後の処理
}
https://anz-note.tumblr.com/post/145405933481/unitydotweenめーも

Admob

Admobは古いバージョンではインストール方法が違ったり、バナーの位置を変えるのにJavaで再コンパイルするなどいろいろ情報が出てくるのですが、こちらの方法で問題なく動作しました。位置の変更もプロパティでできます。大変参考になりました。

UnityアプリにAdmobを入れたのでその事を書いてみます。 導入は下の公式ドキュメントを参考にしました。 Game Developers: Ads Best Practices | AdMob | Google Developers UnityへAdmobプラグインをインストール Unity用のAdmobパッケージ...
uGUI

基本的なことはこちらのサイトで教わりました。

Unity5.1.1f1 Personal(2015年6月) このコンテンツは、『ユニティちゃんライセンス』で提供されています 前回の続きを書いていきます〜 今回はゲーム画面にスコアとハイスコアを表示したいと思います!いよいよゲームっぽくなってきました〜

uGUIはなかなか強力で、ゲームではない一般的なユーティリティアプリも作れそうなので、そういうのはUnityで作っちゃったほうがiPhone版とAndroid版を作らなくていいので現実的な選択肢かもしれませんね。

Polygon Colliderの数を減らす

Polygon Colliderはそのまま使うと頂点が多すぎて重いので、減らすスクリプトが紹介されていました。Editorというフォルダを作り、その中に下記で紹介されているスクリプトを保存します。

Unity 2DのPolygon Colliderを使うことでSpriteが使用するテクスチャの形状にそって当たり判定を設定する事ができます。 このPolygonCillderはソコソコ綺麗に当たり判定を設定してくれるのですが、少しやり過ぎる感があります。例えば上のGIFアニメで使っている画像は242頂点もの頂点を利用...
Unity 2D基本

見たのはだいぶ前ですが、公式のチュートリアルはゲーム全体の作り(GameManagerの管理方法や、シーンの切替方法など)などが参考になりました。

Unity is the ultimate game development platform. Use Unity to build high-quality 3D and 2D games, deploy them across mobile, desktop, VR/AR, consoles or the Web...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store