Zend GDataのためにphp-xmlをインストール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAMP環境でZendを使ってGoogle Documentsにアクセスするプログラムがだいたい動いたので、さっそくVPSのサーバに入れて動かそうとしたところ、「PHP Fatal error: Class ‘DOMDocument’ not found」というエラーが出て動かない。。調べてみると、よくある現象で、php-xmlパッケージがインストールされていないのが原因のようです。ということで

yum install php-xml

でサクッと解決・・・しようと思ったら、いろいろ依存関係がありうまくインストールできませんでした。そもそもこのVPSをセットアップしたときに、さくらのVPSじゃないのにさくらの社長のブログを参考にしていました。

ウェブ開発者のための、1時間でできるLAMP環境構築術(CentOS編)

この手順では、yumのリポジトリとしてremiを使用してphpをインストールしていたので、php-xmlについても通常のリポジトリでなくremiを使用しないとうまくいかないようです。ということで、

yumenablerepo=remi install php-xml

としたら動きました。何やらphp-commonなど関連パッケージも同時にアップデートされてしまったようですが、問題なく終了。Zendも動作しました。これでGData関連のプログラムを動かせるぞー。

しかし、やっぱりroot権限を持てるVPSを使っていると、レンタルサーバと違って面倒だけど知識は身につきますね。しかも月450円ですから。(いつの間にか初期費用が無料になってるし。。)さくらのVPSも980円と十分安いんですが、もっと安く済ませたい、という方はOsukiniをどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store