CakePHPの命名規則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CakePHPで手動でコーディングする時にやっかいなのが命名規則。やっかいというか、フレームワークの肝なのでしっかり理解しないといけないんですがまだまだ見に付いておらず。

モデル名「Book」⇒テーブル名「books」などは簡単なんですが、
モデル名「ExamHistory」⇒テーブル名「exam_histories」などはなかなか厄介です。

ということで、各種命名規則を自動的に算出してくれる超便利ツールがありました。

CakePHP 規約ワードメーカー WordMaker for CakePHP Conventions
http://www.cpa-lab.com/tech2/inflects/

これで迷わなくて済みますね。

あとこちらで、テーブルの作成日/更新日のことも知りました。
CakePHP Note > 命名規則

” ‘created’はレコード作成日時、’updated’または ‘modified’はレコード修正日時として自動入力されます。(初期値NULLでテーブル定義する事)”
なるほど!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

App Store